収益物件関連の情報をご紹介しています

目指すは「収益物件」と胸を張って言える入居率

目指すは「収益物件」と胸を張って言える入居率 景気が回復基調にある事から、資産に余裕がある方や節税対策などを目的として、不動産投資する方が増加傾向にありますが、皆さんは興味はありますか。
もし、これから不動産投資を行う予定がある方や検討段階の方は、リスクも承知した上で投資を行うのが大切です。
不動産投資において最も高いリスクとして挙げられるのは、家賃などの収入を生み出す収益物件からの利益が出ない事です。
賃貸経営などの収益物件は、入居者に部屋を貸し出す事で利益が生まれます。
しかし、入居者がなかなか決まらず空室状態になっている部屋からは、何も利益は生まれません。
このため、いかに入居率を高め空室を減らす事ができるかにより、成功か失敗かの分岐点となります。
入居率を高める方法は色々ありますが、たとえば収益物件の家賃が周辺相場とマッチしたものになっているか、無線ラン設備などの付加価値がついているかなど、入居希望者にとって魅力を感じてもらえる部屋なのかを考え、収益物件を整備するのがお勧めです。

収益物件の人気を高めるテクニック

収益物件の人気を高めるテクニック 収益物件には毎月の家賃収入で収益を得る目的があるため、人気を高めるためのテクニックとしては空室になりにくい物件を選ぶという方法があります。
空室になりにくい物件を選ぶ際には、賃貸としての需要が高い物件であることに着目する必要があります。
賃貸としての需要が高い物件であれば自然に人気が高まるため、入居者が増えていく可能性が高くなります。
具体的には、利便性の高さやしっかりとメンテナンスされている点を重視するほうが良いでしょう。
また、時代の流れに合っている設備が整えられていることも大切です。
利便性の面を考える場合、最寄り駅から近いという点や利用可能な路線が多いという点をチェックする必要があります。
周辺環境としては、近くにコンビニエンスストアがあったり飲食店などが多いのか、といったことがチェックポイントになります。
メンテナンスの面では、管理会社の雇った管理人が常駐し、共有部分などがいつも清潔に保たれている点を確認することが推奨されています。
クレームなどが寄せられてしまった場合でも、迅速かつ丁寧に対応してもらえるような管理状態になっていれば、安心することができる収益物件として人気が高まります。

新着情報

◎2017/12/8

サイト公開しました

「物件 入居率」
に関連するツイート
Twitter