収益物件関連の情報をご紹介しています

収益物件で火災が起きたら…

収益物件で火災が起きたら… 収益物件で火災が起きてしまった場合には、修復に多大な費用がかかる可能性が高まります。
そのため、収益物件を持っている場合には、火災保険に加入することが大切なポイントです。
竜巻や落雷、水害や土砂崩れなどの自然災害をカバーする内容が含まれているのが一般的なため、収益物件がある地域に起こる可能性がある災害リスクなどを確認して保険内容を決めるとよいでしょう。
建物を対象とした保険に入るのが一般的ですが、一戸建ての場合には、門や外壁などが建物の範囲となります。
マンションの場合には、専用部分の建物部分に保障をかけることになります。
戸室内の内装や、設備の部分にあたります。
共用部分は、マンションの管理組合がかけていることが多くあり、その内容を把握しておくことが大切です。
修繕積立金が十分でない場合には、所有者の持ち出しが必要となる場合がありますので、気をつけましょう。
また、地震保険に加入することでさらに火災のリスクから収益物件を守ることができます。

収益物件の保険は忘れずに!

収益物件の保険は忘れずに! 収益物件を管理するときに注意したいのが、保険への加入者です。
賃貸物件に入居する人は、賃貸借契約に基づいた火災保険に加入します。
不動産仲介会社の意向で選ばれた会社への加入になるのが一般的です。
この場合は、入居者の部屋だけが保証されます。
収益物件のオーナーは、建物全体に対する保証が必要になります。
火災が発生したときに、建物や家財に対しての保証が行なわれますが、あくまでも入居者が占有している床面積に対する保証です。
収益物件として建物一棟を自己所有している場合は、どの部屋の入居者が火災トラブルの発生源となったとしても、建物の損害に対する保証が得られるように契約しておく必要があります。
火災だけでなく、水漏れなどの水害も含まれますし、竜巻による風害も含まれます。
オーナーである所有者と、賃貸借契約による入居者は、それぞれが別途に火災保険に加入しておく必要があります。
不動産仲介会社が基本的に手配してくれるので、まずは相談をして説明を受けましょう。

新着情報

◎2018/4/4

収益物件を手放すには?
の情報を更新しました。

◎2018/1/23

収益物件の管理は?
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイト公開しました

「物件 火災」
に関連するツイート
Twitter