ダイエットと食事メニュー

ダイエットをする時は、カロリーは低く、上質のたんぱく質の取り入れ可能になるメニューが要素となります。大豆は高タンパクで低カロリーな食材なので、大豆を使った食べ物はダイエットメニューにもよく使われています。ダイエットメニューだけに限らず和食には欠かせない大豆は、畑のお肉といわれています。大豆のタンパク質には、人間の体に必要な必須アミノ酸が均等に含まれ、ダイエット中のメニューにも欠かせない、脂質、炭水化物、食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅ビタミンE、ビタミンB1、葉酸が含まれている食材です。大豆に多く含まれる大豆サポニンは抗酸化力が強く、又、ボディの中の脂肪の代謝を促す作用があると言う成分です。肥満を防止し、ダイエットに役にたつ成分として注目を集めています。

ダイエットに作用的な大豆成分に、大豆イソフラボンが有ります。細胞の潤いや皮膚のみずみずしさを保ち、高血圧や動脈硬化を予防する働きがあるとされている。脂質とリン酸で造られている大豆レシチンは、心筋梗塞や動脈硬化等の生活習慣病を予防し、ビタミンA、Eの吸収を助けます。大豆レシチンは脳の活動を活発にするとも言われており、ダイエットに用いることで痩身作用の他にも健康や美容、思考の回転率アップにも役にたつわけです。日本人の食卓には、元々大豆が乗るチャンスが多いでしょうから、ダイエットの為に常に何かしらの形で大豆を取り入れすることはむづかしいことでは御座わない。和食のメニューには大豆から出来ている納豆、味噌汁、豆腐、醤油等、常に口にするチャンスの多い食材が多く使われていますし、ダイエットにも適切。ダイエット中は、あえて和食メニューを選ぶ人も多いのですが、和食は洋食と比較して、カロリーが低い特徴も有ります。パスタやハンバーグ等の洋食メニューより、焼き魚定食や刺身定食等の和食の定食ものの方がダイエット向きです。